名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

ある建築会社さんのお話。
ホームページをフルリニューアルして
問い合わせが増えたそうです。

 

で、理由を聞いたら、
「問い合わせのボタンが大きくなったから」
とのこと。

 

ボタンが大きくする?
たったそれだけで?

 

きっと、そう思う方も
いらっしゃることでしょう。
でもね、制作者側としては、
よく聞く話だったりします。

 

たとえば、UIという
デザインの考え方を
ご存知でしょうか。

 

UIは、User Interface
(ユーザーインターフェーズ)の
頭文字を取ったもの。

 

「読者がwebサイトや
アプリを快適に使うための設計」
とでもいいましょうか。

 

要は、「見やすく、わかりやすく
サイトをデザインする」ことです。

 

この視点があるか、ないかで、
サイトの見え方がかわってきます。

 

結果的に、問い合わせにも
つながりやすくなりますから、
とても重要なことでもあります。

 

ところで、
WEB制作会社には、
いろんな会社があります。

 

とあるWEBデザイナーさんとお話。
彼が言うには、
「私は、かっこいいサイトがつくれたら、
それで満足なんですよ」とのこと。

 

私は、正直驚きました。

 

私の認識では、大半の会社では、
ホームページからの
「問い合わせ」がほしいはず。

 

なのに、UIデザインを無視して、
「かっこよければいい」なんて…。
そんなデザイン会社に出会ったら、
可愛そうだなって。

 

もちろん、かっこいいサイトを
つくりたい企業さんならOKです。

 

ただ、見た目だけ重視しすぎると、
サイト動線がまったくわからない。

 

何を見せたいのか、
さっぱりわからない。
という結果になってしまいます。

 

かっこいいけれど、
見やすく、使いやすい。
結果、申込みがしやすい。

 

それが本来の
ホームページの役割ではないか。
これが、私の持論です。

 

でないと、
何のためのサイトなのか
わかりませんから。

 

さて、このように業者選び一つで、
ホームページの
申込みに大きく影響してしまいます。

 

だから、打ち合わせのときに、
注意いただきたいことがあります。

 

なぜ、こうしたデザインや動線なのか。
デザインのコンセプトに
目を向けてほしいのです。

 

「見せるだけデザイン」なのか。
「申込みまでつなげるデザイン」なのか。

 

場合によっては、
WEBデザイナーさんに
聞いてみてください。

 

どんな意図のデザインなのか、
考え方がわかりますから。

 

念をおしておきますが、
かっこいいサイトが
デザインできる会社が
悪いと言っている訳ではありません。

 

かっこいいサイトが
つくりたいのなら、
かっこいいサイトが
得意な会社に
頼めばいいだけのこと。

 

それよりも、
発注者の意識が重要かなと。
サイト運営にあたり、
どんな「目的」にするかがポイント。

 

魅せるだけなのか。
問い合わせまでしてほしいのか。

 

ちゃんと認識して発注して
いただきたいと思うのです。