名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

ではつぎに、ブランドキャッチコピーとは
どんなものなのでしょうか。
たとえば、

 

ココロも満タンに
(コスモ石油)

 

一瞬も一生も美しく
(資生堂)

 

これらは、企業姿勢や考えを伝え、
共感してもらうことを目的としています。
「企業スローガン」とも呼ばれるものです。

当然、これも売りに直接は
つながりません。

自社がどんな考えているのかを
しっかりと伝える。
そのうえで共感してもらうのが目的ですから。
こちらも大手企業向きのものですね。

さて、3回にわたり
キャッチコピーの種類について
ご紹介してきました。
いかがでしたか?

キャッチコピーといっても、
厳密には、いろんなタイプがあります。
そんな中で、ただ闇雲に書いても
的外れなものになるかもしれません。

ちゃんと用途を見定めて、
その目的にあった
キャッチコピーを書かれることをオススメします。

また、これから書くときのご参考になれば
私としても、すごくうれしいです。