名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

キャッチコピーが、
どうしても書けない。

そんなときは、
一つの型となるフレーズを
使うのも方法の一つです。
たとえば、簡単な例だと
こんなのがあります。

ご存じでしたか? ○○○○。

「ご存じでしたか?」に
伝えたいものを組み合わせみるのです。
具体的には、こんな感じです。

 

ご存じでしたか?
簡単にコリが治せる方法を。

ご存じでしたか?
ちょっとしたコツでピアノが弾けるんです。

ご存じでしたか?
ある工夫をすれば、やせられる方法を。

 

人は好奇心の生き物です。
だから「ご存じでしたか?」と聞かれたら、
とりあえず反応してしまうもの。

そこで上記のように気をひいてから、
本文で訴求したいこと伝えるんです。

つい私たちは、キャッチコピーで
強みを伝えないといけないと思ってしまいます。

でも、考えすぎて書けないのなら、
こうした違う手を使ってみるのも一つですからね。