名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

ブログにしろ、ホームページにしろ、
本文を読んでもらわなくては意味がありません。
そこでカギになるのが、「どのようなタイトル」をつけるかです。

 

タイトルが面白いか、そうでないか。

 

ほぼ3秒くらいで判断され、スルーされてしまいます。
そこで今回は、ネットで定番の
タイトル例をいくつかご紹介します。

 

その1 「とは?」で関心を誘うタイトル

 

多くの人は悩みを解決したいから、ネットで検索します。
だから、この先に「解決方法」が
あることを匂わせるタイトルは有効です。
たとえば、

 

肌荒れを解決する「最新スキンケア●●●」とは?

 

さらに「とは?」と入れるとこで、
「一体どんな商品なんだ?」と興味をそそります。

 

その2 「法則」で気にさせるタイトル

 

「法則」というキーワードを入れることで、
何か良い結果があるのではないかと思わせるタイトルです。
たとえば、

 

今すぐ美肌になれる5つの法則

 

これも定番として見かけますよね。

 

ネットではだらだらと文章を書くより、
端的に表現してあげるのが有効です。
美肌になれるコツがあれば、
3つ、5つくらいにまとめます。
それを「5つの法則」として公開するのです。

 

その3 「否定」を入れたタイトル

 

人は好奇心の生き物です。
特に「否定」されたものには、
なぜだか興味を引きます。
たとえば、

 

「やってはならない」睡眠前の3つの習慣

 

もし、こう書かれたらどうですか?
何をしたらいけないのだろうって、
気になって仕方がないですよね。

 

さらにポイントなのが「3つの習慣」のフレーズ。
こう書かれていたら、
具体的な項目があると思えはずです。

 

その4 問いかけるタイトル

 

人は問いかけられると、
答えを考える習性があります。
そこでこの習性を活かしたタイトルにしてみるのです。
たとえば、

 

まだ8時間睡眠が、ベストだと思っていませんか?

 

こう書かれたら、気になりますよね。
特に常識を問うような内容だと、
気を引く効果が高くなります。

 

その5 「知ってましたか?」を入れる

 

その4の問いかけと同様です。
とにかくタイトルに「知ってましたか?」を入れることで、
気にさせるタイトルにすることができます。

 

知ってましたか? 健康には、パクチーがいいことを。

 

この場合、大げさなネタでなくても、
小ネタでも十分です。

 

さて、いかかでしたか?
ここでご紹介したのは、ほんの一例です。
上記の内容を工夫するだけでも、
いろいろ展開できます。

 

最後に。
クリックされるかどうかは、タイトル次第。
単なる本文の要約ではなく、
ちょっと工夫するだけで効果があります。
ぜひトライしてみてくださいね。