私は、コピーライターでありますが、広告・販促ディレクターでもあります。

そのためチラシやパンフレットを制作するとき、

自分でもイラストレーターを使い、

「こんな感じでデザインしてね」とデザイナーさんに指示しています。

 

上記のチラシは、私自身の「手渡しの販促チラシ」です。

デザイナーさんにお願いするまでもなく、

自分でデザインできるレベルだったので、ササっとデザインしました。

 

せっかく制作したので、

フェイスブックにアップしたところ、

なんと、あっという間に、いいねが「102」に!!

 

 

「うーんサスガです!勉強になります」

「素人ながら…。思わず、「なんだろう!」と興味をそそられるチラシですね!」

「さすがです😄 つい読みたくなっちゃう🎵

 

など、さまざまな称賛コメントもいただきました。

 

実は、写真素材や有料のイラストを使わず、

高度なデザインをすることなく、

チラシで反応率をアップさせることができます。

 

ただ、そのためにはキャッチコピーを含めた

表現の「アイデア」が必要になります。

 

さらに、どのようにアプローチしていくのか、

マーケティングの視点も必要となってきます。

 

正直、「アイデア」を生み出すこと、

「マーケティングの視点」を持つことは、

プロでないと厳しい領域になります。

 

でも、少しでもプロの領域のことを、

わかりやすく伝えたいと思っています。

私のメルマガにご登録いただければ、

そんな極意のようなお話もしちゃいます。

 

コピーライティングだけでなく、今回のようなデザインのこと、

さらにビジネス、私の趣味(笑)まで多彩な内容を発信しています。

ご興味があれば、ぜひご登録くださいね。▼▼▼


お名前  *  (例)山田太郎
メールアドレス  *