名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

キャッチコピーで、
自分の言いたいことを伝えたい。

 

これは誰しも思うところです。
でも、ここにも
ちょっとしたワナが
潜んでいるんです。

えっ!? だって、自分のことを伝えなくていいの?

あなたはきっと、そう思うでしょうね。
もちろん伝えるべきことは、
伝えないといけません。
ただ、注意すべき点があります。
それは、あなたの伝えたいことが
ニーズにマッチしている
とは限らないってことです。

たとえば、
「私は、処理速度が速い」。
あなたの言いたいことだったします。

でも、お客さんは、
速さよりも、丁寧さを求めていたらどうでしょうか。
ミスマッチになってしまいます。

これまで私は、いろんな広告を通じて、
いろんなタイプのお客様に会ってきました。
その中には、「自分が言いたいことだけ」を
主張される方がいらっしゃいました。

伝えたい、言いたい気持ちはわかります。

でも、相手がその価値を
必要としなければ、暖簾に腕押し。
言い換えると、単なる押し売りになってしまいます。

悩みに対して、
どう応えるのか。

これがビジネスの一つのスタイルです。
あとは、キャッチコピーとして、
どう表現していくかってことになります。

伝えたいことが、
どんなメリットが提供できるのか。
俯瞰してからキャッチコピーを書きたいものですね。