名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

どうしたら、
共感してもらえる文章が書けるのかな…。

どのように書いたら、
説得力のある文章になるんだろう。

ブログを書いていると、
ついそんなことを考えるものです。

そんなときは、
文中に相手の「言葉」や「気持ち」を
いれてみてるといいんですね。

たとえば、私が過去に書いた記事。

—————————————————

キャッチコピーで、
自分の言いたいことを伝えたい。
これは誰しも思うところです。

でも、ここにも
ちょっとしたワナが
潜んでいるんです。

えっ!? だって、
自分のことを伝えなくていいの?

あなたはきっと、そう思うでしょうね。
もちろん伝えるべきことは、
伝えないといけません。

—————————————————

赤文字のところが
相手の「言葉」や「気持ち」です。

文章をそのまま書いてしまうと、
一方通行になってしまいます。

そこでこうした読み手の
「言葉」や「気持ち」を
いれてみるのです。

そうすると、読み手が
「そうだよな」と思いながら、
ついつい文中に引き込まれていくんです。

やはり自分のことばかり書いても、
興味をもってもらいにくいもの。

そこでこうした布石を置ことこで、
共感されたり、説得力のある文章に
つながっていくのです。

ぜひトライしてみてくださいね。