名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

もし、あなたが美味しいケーキを食べたとします。
その感想をどう表現しますか?

「すごく美味しいケーキでした!」

「サイコーの味でした!」

ふつうなら、こんな感じで表現しますよね。

でも、何も知らない人が読んだら、
何がどう美味しいのか、さっぱりわかりません。
実はこうした平凡な表現って、
キャッチコピーや文章に使ってしまいがちなんです。
やはり、

とっても美味しいチーズケーキです。

というより、

さらりとした口どけのチーズケーキです。

こちらのほうが、良さが伝わります。
単に「美味しい」と表現するのではなく、
どのように「美味しいか」を表現すること。

そこで、あなたにご提案です。

普段から表現するときに、
ひと工夫するように努力してみるんです。

たのしかった。
カッコよかった。
ステキだった。
悲しかった。
うれしかった。等

こうした端的な言葉を使わないで、
上手く、これらを表現するか。
今書いているブログで、
挑戦してみてください。

まちがいなく表現力が高まりますから。