名古屋・岐阜でコピーライターをお探しなら、「ことばの制作所」へ! ホームページやチラシ、パンフレットなど、あらゆる文章を作成いたします。

小澤プロフィール

私は、一対一で耳を傾けるコピーライターです。
どうして、その道を選んだのか? その理由をお話します。

勤めていた制作会社が「倒産」する。そう私に、言い渡されたのが、2009年、12月24日のことでした。その倒産が転機となって現在、私は個人事業主として、コピーライターをしています。これだけの情報だと、倒産したから独立したんだ、と思われるでしょう。でも、私は転職でなく、独立を選んだ。そこには確固たる「理由」があったからです。

 

いったいどんな「理由」なのか?

 

それをお伝えするには、私の会社員時代についてお話をする必要があります。その倒産した会社とは、業界屈指の広告制作会社でした。しかも発注元は、大手広告代理店・電通。当然、超有名な仕事ばかりです。若いころは、有名な企業の新聞広告やポスター制作に関われることに浮かれていました。でも、キャリアが長くなれば長くなるほど、

 

「私は、(クライアントのために)役立っているのだろうか」

 

という、私の内に大きな疑問がでてきたのです。制作会社というのは、いうなれば「下請け」という立場です。広告代理店からのオーダーをうけて、その趣旨にのっとって広告制作をするスタイル。そうなると、発注元のクライアントの想いが伝言ゲームのようにしか伝わってこないんです。正直、もどかしい。

 

直接、クライアントに会い、役立ってることを実感したい。

 

そんな募る思いが大きくなるものの、あくまで私は会社員でしかありません。簡単に実現できる立場でもありません。なんともいえない感情を胸に秘め、16年もの間、その制作会社でがんばってきました。

 

そして、倒産を迎えた。

 

私には妻とふたりの娘がいて、正直、先行きの不安がありました。そう思う反面、ある感情がわきおこってきたのです。お客様と直接会って、想いを確かめながらお仕事がしたい、と。これはやるしかない。タイミングだ。そう思い、転職ではなく、個人事業主として、コピーライターの道を選んだのです。

 

コピーライターと書けばカタカナ職業でかっよい響きがありますよね。笑でも、実際の私は、自分のことを「言葉の職人」と思っています。お客様の想いを一つひとつ紡いで、伝わる言葉としてカタチにする。そのためにヒアリングの段階から、お客様と真摯に向き合っています。
おかげさまで、お客様からうれしいお声もいただいております。事例へリンク

 

また、私自身が個人事業主なったことで、ある発見がありました。それは、個人事業主や中小企業の経営者の悩みが、リアルに共感できるようになったこと。それは生活がある程度保障された会社員時代では絶対に身につけられない感覚です。おかげさまで今、お客様の目線にたって、ときには伴走者のようにお仕事に取り組ませていただいてます。あなたがお客様に伝えたい想い。それを心に響かせる「言葉」に変える。さらに、共感していただける文章に仕立て、あなたが求めるお客様に向けて発信する。

 

コピーライター経験21年の小澤が、「想いのメッセンジャー」として全力でそのお手伝いをしていきます。ご興味のある方は、お気軽にお声掛けください。

お気軽にお問合せくたせさぃ。

Copyright © ことばの制作所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.