差別化は、ほんとうに必要なのか?

 

名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

私には、特徴がないから。

 

謙虚なのか、事実なのか。
そう思っている方が意外と多いんですよね。

 

世の中では、「差別化すべき」と声高に言われます。
だから他社と比べ、何か差別化できるものなのか。
そう考えれば考えるほどに、
特徴がないと思えてくるのかもしれませんね。

 

もちろん「差別化」は重要なことです。
私もヒアリングのときに、
お聞きする項目でもあります。
ただ、あまりにも意識しすぎると、

 

他社と比べれば、自分なんて大したことない。
差別化になることなんでいない。

そう思いはじめて、何も言えなくなってしまいます。

 

問題なのは、何も言えなくなって
発信しなくなることです。

 

そこでホームページやブログでは、
自分ができることを、
すべて書いてみてはいかがでしょうか。

 

こんなこと業界では当たり前だから、
いまさら書いても仕方がない。

 

そう思っていたことも、
お客さんにとっては知らないことがあります。
だから、まず書いてみることです。
さらに大切なポイントとしては、

 

何を、どのように提供しているのか。
くまなく書いてみることです。

 

なぜかといえば、
そこに差別化のネタがある可能性が高いからです。
たとえばそれは、

 

飲食の場合なら、素材を仕込むときに
「ひと手間」加えていることかもしれません。

 

整体なら、学んだ技術に
別の施術を取り入れたことかもしれません。

 

ちなみに、これまで私は、
たくさんの取材やヒアリングをしてきました。

 

で、突っ込んで聞いてみたら
差別化のネタが見つかったケースがありました。
そのほとんどが、こうした細部にヒントがありましたらから。

 

ぜひ、あなたのサービスを
思うままに書きつくしてみてくださいね。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる