読み手に逃げられない書き方とは

名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

人は気まぐれです。
少しでも「面倒だ」と思えば、
すぐにソッポを向かれてしまいます。
特にネットでは、その傾向が強いんじゃないでしょうか。

たとえば、あなたが提供するサービスの解説。
読むことが少しでも「面倒だ」と思われたら、
すぐに他のサイトに逃げられてしまいます。

では、どのように書いたらいいのでしょうか。
例文を通じて説明しますね。

(修正前)

小澤整体では、
骨盤の歪みを整え、痛みやコリを解消し、
人間が本来持っている自然治癒力を高めるために、
骨格をソフトな力で整えていきます。

この文章でも意味は通じます。
でも、長々とした文章を読まないと、
どんな施術かわかりません。
読むのが、ちょっと面倒ですね。
そこでちょっとだけ手を加えてみましょう。

(修正後)

小澤整体では、骨格をソフトな力で整えていきます。
骨盤の歪みを整え、痛みやコリを解消し、
人間が本来持っている自然治癒力を高めます。

文頭と末尾の文章(赤字の部分)をつないだだけで、
読みやすくなりました。

ポイントは、
文頭に「どんな施術か」を先に伝えているところです。

すべてを読まないとわからない。

これを解消するだけでも、
読み手に逃げられる確率を低くできます。

今回は「どんな施術か」を書きましたが、
効果を先に書いてもいいです。

あなたがお客様に対して、
どんなことがてきるのか。
どんな効果が提供できるのか。
紹介文で早めに解説してみてくださいね。