自社をアピールするときの「落とし穴」とは?

名古屋・岐阜のコピーライターの小澤です。

 

ブログやホームページ、パンフレットなどで自社をアピールする場合、はまってしまう「落とし穴」があることをご存知でしたか?

 

この「落とし穴」は、とてもやっかいです。なぜなら、本人が気づかない間にはまってしまうから。

 

もし、本人が「落とし穴の中にいる」ことに気づけば、脱出する方法を見つけられます。しかし、気づかないままだと、いつまでも穴の中。だから、とてもやっかいなのです。

 

では、その落とし穴とは何でしょうか? それは「アピール不足」という落とし穴です。

 

もし、アピール不足だと極端な話、「集客できない」「申込みがない」という結果になりかねません。重要な事柄なので、ちゃんと意識したいところです。

 

 

アピール不足の原因。

なぜ、アピール不足になるでしょうか。その原因の一つとして、ご自身が行っているサービス内容が、「当たり前のこと」だと思っていることにあります。もっと説明するなら、

 

「このレベルは、仕事(サービス)としては当り前。だから書くまでもない」

「大したことないから、書かなくてもいい」

 

そう思うため、ブログやホームページにも書かない。もしくは、「業界では当たり前。だから書かない」ケースもあります。

 

しかし、「当たり前」のことも、書かないと伝わりません。たとえ業界で当たり前のことでも、読み手は業界のことは知らないことがほとんどです。ちゃんと書いて、伝えることをおすすめします。

 

 

もしかしたら、それは「強み」かもしれない。

「当たり前」のことでも、書いてほしいのには理由があります。実は「当たり前」の中に、「強み」が隠れているケースがあるからです。

 

自社にとって「当たり前」のことが、他人からすれば「すごいこと」に見える。もくしは、会社の「こだわり」に見えたり、「らしさ」を感じさせることもあり得ます。当り前のことを書くことは、ちゃんとしたアピールにつながる可能性を秘めています。

 

余談ですが、「当たり前」のことを書かない(自慢しない)事業者は、モノづくりに真摯な方で、真面目だったり、控えめなタイプの方が多い気がします。あくまで私が一緒に仕事した方々に関してですが。彼らは、

 

「自社の提供するサービスは、まだまだのレベルだ」とか。

「いやいや、こんなレベルなんて他もやってますから」とか。

 

そんな言葉を口にしますが、実際に聞いてみると、ものすごいこだわっていたり、高いクオリティだったりします。

 

だからこそ、「よい品質のものを提供しているのに、もったいない」、「その当り前に思っていることをアピールしなきゃ」とも思うのです。

 

話しがそれました。もとに戻しましょう。

 

ご自身がサービスに対しての「当たり前」は、ちゃんとアピールすること。そのうえでお客様の反応・反響を見ながら、「強み」の一つとして加えていけば良いと思います。

 

 

仮に提供しているサービスレベルが、「業界で当たり前」だったとします。それでも書いておくことで、「業界レベルのことは、ちゃんとやっている」とのPRになります。もし、他社が書いていなければ、儲けものです(笑)

 

最後に。

自社のサービスを「当たり前だから」と思ったとしても、まず書いてアピールすることです。ある程度の情報量がないと、読み手も判断できませんから。書けることは、何でも書いてアピールしましょう。

 

合わせて「説明不足」にも気を付けること。せっかく書くのであれば、ちゃんと説明(解説)してあげれば、より深い理解や興味をうながすことができます。

 

「当たり前」に思っていることも、「当たり前」に書くこと。つねに心がけることで、集客や申込みに弾みをつれられるかもしれません。ぜひトライしてみましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です